更年期障害の概要|フコイダンで免疫力をアップしていつまでも健康に過ごそう

更年期障害の概要

悩む女性

ホルモンの変化で引き起こされる

女性に不可欠な女性ホルモン。この女性ホルモンの量は加齢とともに変化していきます。特に閉経を迎える50歳あたりで大きな変化を迎えると言われており、このときに女性ホルモンの量が大きく変化することで更年期症状と呼ばれる様々が引き起こされます。これを更年期障害と呼ぶわけです。更年期障害を引き起こす主な女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれるもので、このエストロゲンの分泌が減少することで視床下部と呼ばれる部分が上手く働けなくなってしまいます。この視床下部は自律神経もコントロールする部分になるのですが、視床下部が上手く働けなくなることで自律神経も乱れてしまい、自律神経が乱れることで身体に問題があらわれ始めるというわけです。

更年期障害の症状

エストロゲンが減少し更年期障害を発症することで様々な症状があらわれ始めます。特に顕著なのが自律神経系の症状です。代表的なものに汗をかきやすい、のぼせるといったものがあげられます。また自律神経が乱れると精神的な部分にも影響することがあり、憂鬱な気分になったり、イライラしやすくなったりします。更年期障害の症状は個人差が大きく、あらわれる症状もあればあらわれない症状もあるということを把握しておきましょう。

若い人でも増えている

更年期障害は加齢によってひきおこされるもので、閉経が始まる50代からと説明してきましたが、最近は若い年代の女性でも更年期障害を発症する人が増えてきているといいます。こういった若い女性に発症する更年期障害を若年性更年期障害といいます。これは、大きなストレスを抱えていたり無理なダイエットなどによって自律神経が乱れることで引き起こされるもので、症状がひどくなると早発閉経などを引き起こしてしまう場合もあります。放置してしまうことで症状がひどくなってしまうので、薬やサプリなどで早めに治療・改善していきましょう。

広告募集中